• 雷注意報発令時・集中豪雨時の対応に関して
  • 小型無人航空機(ドローン)の飛行禁止について

BLOG

記事一覧 》

2017.09.16 (土)

【雷神ステージ】THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTESは、2010年に結成された4人組ロックバンド。「イナズマロックフェス」の雷神ステージへの出演は、2年連続となる。

華やかなスター性はもちろん、ロック通をうならせる楽曲センス、演奏力、ステージパフォーマンスも備えた新世代のスーパーバンドと言える存在。今年は日本武道館のワンマンLIVEを大成功させ、破竹の勢いで快進撃を続けている。

雨は依然降り続いているが、お馴染みのSEに乗ってメンバーが登場すると、異様な熱気に包まれる。1曲目の「shala la」は、メンバーが掛け合いで歌う凝ったメロディ展開ながら、サビは抜群のキャッチ―さで、会場を巻き込んでの大合唱となる。

 

「きづけよBaby」では、印象的なフレーズを奏でる鈴木のギターフレーズに、山中のギターも細かく絡み、絶大な効果を生み出している。

 

「まずは、俺たちのことをメインステージで2年連続で出演させてくれた西川さんに感謝を伝えます!去年は、俺らが出た後に、雨で中止になってしまったわけだけど、西川さんのこのフェスにかける想いとかを全部聞いて、どれだけの気持ちでこのフェスを続けているのかを知りました。俺らも少しでも力を貸したいので、ここにいるみんなと一緒に、最後までもっともっと上の方に行ってもらえますか!?」

山中は、そんなMCのあとにギターをハンドマイクのボーカルスタイルに。よりアグレッシブに観客にアピールしていく。彼らの音楽性の幅の広さ、柔軟さがよく表れたキラーチューン「DIP-BAP」でさらに盛り上げていく。「自分の目で判断しろ!」という一言で始まった「カンタンナコト」は、より強いメッセージが込められた一曲。

テンションを一切落とすことなく、映画「亜人」の主題歌とった「BLACK MEMORY」へ。細かいアレンジと哀愁のメロディ、コーラスワークが効いた楽曲。新曲でながら会場を一つにしていく。

「きっと初めましての人も多いと思います。僕らに何が出来るかわからないけど、僕らとみんな。共通していることはイナズマロックフェスが大好きってことです。俺らの今年最後の夏フェス、楽しい時間をありがとうございました。来年また会いたいです!」

そう語り掛けると、最後は代表曲の一つである「狂乱 Hey Kids!!」で最上級の熱狂をステージから届けた。

2018年2月15日(木)には、大阪城ホールでワンマンライブを行うことが発表されている彼ら。
新たなる階段を登ってさらに成長した姿で、「イナズマロックフェス」に戻って来てくれるのが楽しみだ。

SET LIST

「shala la」
「きづけよBaby」
「DIP-BAP」
「カンタンナコト」
「BLACK MEMORY」
「狂乱 Hey Kids!!」

OFFICIAL WEBSITE
CLOSE