BLOG

  • 2016.09.18 (日)
    【雷神ステージ】ゲスの極み乙女。

    続いて登場したのは、イナズマ初参加のゲスの極み乙女。

    メンバー全員が卓越した演奏技術とセンスを持ち、マニアック性とポップ性という両極の面白さを、最大限に表現できる稀代の音楽集団。

    日本ではもちろんのこと、世界の音楽シーンを見渡しても、比較対象のいない存在として、絶大な評価を得ている。

     

    gesunokiwami01_s

     

    演奏直前、ボーカルの川谷絵音が「ゲスの極み乙女。がイナズマに来たぞー!」と叫び、「パラレルスペック」からスタート。

    冒頭から唖然とするテクニカルなアンサンブルを披露するが、すべて楽曲を壊すことなく、音楽としてさらりと聴かせてしまう。

    ベースの休日課長のコール&レスポンスから、初期の代表曲「ドレスを脱げ」へ。

    その後、「私以外私じゃないの」「ロマンスがありあまる」と、大ヒットナンバーを立て続けに演奏。

    極上のサウンドで、客席をどんどん引き込んでいく。

     

    gesunokiwami02_s

     

    その後のMCで川谷は「今回、イナズマに呼んでもらえて…西川さんありがとうございます。実は僕、音楽に目覚めるキッカケがT.M.Revolutionだったので、本当に嬉しいんです」と告白し、会場から拍手が送られる。

    続いて「新曲です。」という曲紹介で披露されたのは、今年リリースされる3rdフルアルバム「達磨林檎」からのリードトラック「シアワセ林檎」。

    彼ららしいヒネリと超絶技巧はもちろんながら、どこか新たな一面も感じさせるナンバーだ。

    最後は、彼らがブレイクする時の起爆剤となった楽曲「キラーボール」を演奏し、この日のステージを終えた。

     

    gesunokiwami03_s

     

    彼らは演奏自体の素晴らしさはもちろんのこと、演奏している所作一つ一つが美しいのも大きな魅力。

    「楽器に触れて表現する」という行為が本当に自然なことであり、4人で演奏するだけで、絵になるバンド。

    それがゲスの極み乙女。の最大の才能なのかもしれない。

    今後、彼らがどんな“音による興奮”を届けてくれるのか。すべての音楽ファンが心待ちにしている。

     

    【SET LIST】

    1. パラレルスペック

    2. ドレスを脱げ

    3. 私以外私じゃないの

    4. ロマンスがありあまる

    5. シアワセ林檎

    6. キラーボール