BLOG

  • 2016.09.18 (日)
    【雷神ステージ】HKT48

    福岡・博多を拠点とするアイドルグループ HKT48が
    「イナズマロックフェス2016」に初参加。

    東京・秋葉原のAKB48、名古屋・栄のSKE48、大阪・難波のNMB48に続く、
    AKB48プロジェクト第4弾である『HKT48』は、
    奇遇にもイナズマへの出演もグループで4番目。

    hkt48_01_s

    オープニング・ナンバーは48グループの中でもアンセム的存在の「会いたかった」。
    フレッシュなメンバーが一気に登場し、笑顔が弾けると同時に、
    雨が晴れるというウソのような展開に!

    その後、3rdシングル「桜、みんなで食べた」、5thシングル「12秒」と
    魅力を詰め込んだナンバーを連発。

    hkt48_02_s

    宮脇「私たちイナズマロックフェスに出させて頂くの初めてなんですけど…」
    指原「正直…こんなに人が集まるとは思ってなかった!」
    観客「ええええええええ」
    指原「…あ!雨だからって意味だから!」

    そんなやり取りで観客をほぐしたあとは、
    兒玉遥がMC
    「みなさんに協力して欲しいことがあります!
    私たちと一緒にコールをしてください!
    今日は…みなさんもオタクになった気持ちで!」と
    コール&レスポンスをレクチャーへ。

    演奏されたのは最新シングル「最高かよ」。
    この曲では、歌のパートに細かく合いの手が入る構成になっており、
    いわゆる“ヲタ芸”のベタネタが全て詰め込まれている。
    ビジョンにも歌詞と、コール部分が分けて表示されるため、
    初めて観るファンもその場で参加可能なフェスにうってつけの楽曲だ。
    会場の心をガッチリ掴んだ。

    hkt48_03_s

    その後は、
    「ロックだよ、人生は」、「ポニーテールとシュシュ」、
    「ヘビーローテーション」「恋するフォーチュンクッキー」と、
    48グループが誇る国民的ヒットチューンを立て続けに披露。
    大きな盛り上がりを見せる。

    最後の楽曲は、HKTの象徴ともいえる楽曲「メロンジュース」。
    HKT48グループの楽しさを全て凝縮したようなこの曲で、
    最高のステージを締めくくった。

    ●SET LIST
    1.会いたかった
    2.桜、みんなで食べた
    3.12秒
    4.最高かよ
    5.ロックだよ、人生は
    6.ポニーテールとシュシュ
    7.ヘビーローテーション
    8.恋するフォーチュンクッキー
    9.メロンジュース