BLOG

  • 2016.09.17 (土)
    【風神ステージ】ReVision of sence

    2015年夏、突如シーンへ登場し、大阪を中心に活動中の“負け犬バンド”ReVision of Sence (リビジョンオブ センス)。

    これまで、サマソニ、RADIO CRAZYなど大型フェスへ参加しているが、イナズマへは今回が初参戦。

    へヴィーでキャッチー、コミカルだがシニカル…
    どこまでも本気で全力なLIVEパフォーマンスが、一瞬でクセになるバンド。

    1曲目「ダメ、ゼッタイ、現実逃避」からVo.河井教馬はTシャツを脱ぎ捨て、ガムテープで作った自作の「HOT LIMIT」衣装を披露する。

     
    revisionofsense01_s

     

    彼のキャラクターは強烈の一言。

    歌とMC、抜群のサービス精神で会場の心を一気に掴んだ。

    「友達のバンドは25分で俺らは15分。俺は悔しい」と本音をぶつけるが、そんな言葉からも彼の飾らない誠実さが伝わってくる。

     
    revisionofsense02_s

     

    最後は「宣戦布告の7カ条」の中から「負け続きの日々」を披露。

     

    revisionofsense03_s

     

    「またどこかで会いましょう」

    「必ずあっちのステージにも出たい!」

    そう力強く宣言して、「イナズマロック フェス 2016」全アクトのトップバッターという重要なステージを走り切った。

     

    【SET LIST】

    1. ダメ、ゼッタイ、現実逃避

    2. ヨノナカカネ

    3. 負け続きの日々