送迎車を含むお車でのご来場は固くお断りいたします!
公道での駐車違反は見つけ次第警察に通報します。

ブログ

【雷神ステージ】T.M.Revolution

2017.09.15 (金)

「イナズマロック フェス 2016 リターンズ」FINAL ARTISTは、もちろんT.M.Revolution。

 

キーボードの大島こうすけが大胆なピアノでアレンジ奏でる、ショパンの「革命」に乗せてメンバーが登場。中盤、バンドアレンジへ切り替わると会場のボルテージも一気に加速。西川がステージへと現れる。身にまとっているのは、昨年から今年にかけて行った「Route20」ツアーで着用していた白と黒の衣装だ。

tmr0915_04_S

ステージから客席を見つめ、あえて何も語らないまま、アカペラで楽曲がスタート。最初に披露されたのは、20周年記念ツアーで演奏されていたバージョンの「独裁-monopolize-」。自らの声に想いのすべてを込めるように歌っていた西川だったが、ギターソロの前に「会いたかったぜ!」と叫ぶ。

 

続いての曲は「LEVEL4」。「イナズマロックフェス 2016へ、ようこそ!難しいことは何一つないです。ここにいる全員で、ただひたすらに、この瞬間を楽しもうぜ!」西川の言葉にも、ポジティブな気持ちで満ちている。

 

「HIGH PRESSURE」では、ステージの端から端まで走り回りながら「最高!これを見るために1年我慢してきたんだろ!?」と煽り続ける。

tmr0915_02_S

「ロックフェスの振替公演…前代未聞。これがなんだか、わかるか?…“愛”だよ」というMCのあとには、「WHITE BREATH」。そのままノンストップでメンバー紹介へ。ここで聴くことが出来るフュージョンな緻密なアンサンブルからも、それぞれのメンバーの卓越した演奏力を堪能できる。

 

「みんなが望んでる場所はどこですか?俺にとっての楽園はココしかねぇぞ!」と叫んだあとに歌われた「HOT LIMIT」では、オーディエンスに歌わせながら、積極的にダンス。さらにその後の「HEAT CAPACITY」では、マラカスを振りながら歌うなど、楽曲によってさまざまなスタイルでステージを頼む西川の姿も印象的だった。

 

「改めまして滋賀ふるさと観光大使・西川貴教です。今日はホンマに帰って来てくれてありがとう。今日、この場所にみんなと集まれていることが奇跡みたいです。ありがとうございます。今日は、自分が持っている時間を全部みんなと繋がる時間に使いたいと思っています。この週末は滋賀県はもちろん、全国的に見ても運動会の多いシーズンらしいです。たまに怒られます(笑)でもそんなつもりはないんだけど…。野外やし、天候のリスクはつきもの。最初から分かっていたけど、、去年は本当に悔しかった。でもイベントの大切さ、協力してくれる人、支えてくれる人たちの有難さを改めて知ることが出来ました。もう、湿っぽい話はこれで終わりにして、これからみんなと一緒に何を出来るかを考えていきたい!」

 

そんな話の流れから「この曲は、この場所にふさわしいのかな?ふさわしくないのかな?わからないけど、歌わずにはいられない曲です…」と語り披露されたのは「THUNDERBIRD」。前回のツアーで、大胆にアレンジされたこの曲。アコースティックな編成になったことで、楽曲が持つ叙情性がより強調され、胸に響く。

tmr0915_03_S

「聞くところに聞くと、台風が来ているらしいです。神は新しい試練を我々に与えようとしている…クソくらえじゃい!俺は、ここでみんなと一つになりたいだけや!さぁ、どんとこい!雷雲を呼び寄せんぞ!」そんな挑発的な煽りの後には「RAIMEI」、「Inherit the Force」とアッパーな楽曲を連続で叩きつけていく。

 

「一年前、最後の1人までひとりにしないように見送った後…次の日が僕の誕生日だった。一度ホテルに帰ったらTAKUYA∞が電話してきて。そうしたら仲間たちが店を押さえてくれていて。マンウィズのやつらもみんないて…。そこで…「絶対に何かやろうと…」(感極まる)正直、みんなもスケジュールがあるから、俺一人でもやろうと思ってました。でも、みんなも一緒にやると言ってくれた。みんなそれぞれ思いがあって、バカみたいに熱い奴らだから、この1年の間、ちょっと揉めたりもしました。でも、熱いから喧嘩も出来る。最高じゃないですか。そしてみんなのおかげで「イナズマ」がより特別なものになりました。ありがとうございました!

 

それから、みんなも知っているとおり、僕が「イナズマ」を始める大きなキッカケとなっていた人が、先日、一足先に遠くに行ってしまいました。でも、「イナズマロックフェス 2016リターンズ」。リベンジじゃなくてリターンズなんです。どんなに遠くに行っても、返ってこれる。それがこの場所、イナズマなんです。」

tmr0915_01_S

最後の曲は「HEART OF SWORD」。最初のサビでマイクから手を放し、生の声で歌い続ける西川。その後もステージ上から会場全体を見渡しながら、全身で歌を届けていき、楽曲の最後には「どこにいようと、誰といようと、どんなに離れていようと、一つだからな!」と叫んだ。

 

最後に西川は「あと重要なお知らせを…2017年9月16日・17日「イナズマロックフェス」開催します!「イナズマロックフェス 2017」で会おうぜ!」と、 “来年”の大事なお知らせをして「イナズマロックフェス 2016」を締めくくった。

 

SET LIST

「独裁-monopolize-」
「LEVEL4」
「HIGH PRESSURE」
「WHITE BREATH」
「HOT LIMIT」
「HEAT CAPACITY」
「THUNDERBIRD」
「RAIMEI」
「Inherit the Force」
「HEART OF SWORD」

戻る