送迎車を含むお車でのご来場は固くお断りいたします!
公道での駐車違反は見つけ次第警察に通報します。

ブログ

【雷神ステージ】UVERworld

2017.09.15 (金)

「イナズマロック フェス 2016 リターンズ」2組目のアーティストは、もはや説明不要。滋賀県出身の6人組・UVERworld。

 

最新アルバム『TYCOON』のオープニングSEでもある「TYCOON」が流れる中、メンバーが登場。軽い音出しから1曲目は「7th Trigger」。このキラーチューンをオープニングに持ってきたところにも、彼らの本気が現れている。

uver02_S

「一年前、中止になったあの日から、一年後の今日、最高の日にすると俺たちは決めていた。」

 

そんなTAKUYA∞の一言に導かれて演奏された続いての曲は、彼らの最新シングルであり、アルバムの中でも重要な位置を占める「DECIDED」。この曲は、彼らの“新たな決意表明”とも言えるナンバーで、近年続けているヴィジョンに歌詞を表示していくスタイルの演出も効果絶大だ。

uver03_S

「去年の積年の想いをここで晴らそうぜ!ここにいる全員、誰一人置いていかねぇ。最高を観たい奴は俺たちについてこい!」

 

ヘヴィーなサウンドにメッセージを持った「WE ARE GO」では、炎を使った特効演出、メンバーがパーカッションを兼任するなど、次々と見どころ聴きどころを畳みかけてくる。

 

「今日、過去最高のイナズマが出来るか…そんなのどうかわからない。やってみなければわからない」。

 

TAKUYA∞のそんな言葉に続いて披露されたのは、「全部やって確かめればいいだろう」という強烈なパンチラインを持つ「PRAYING RUN」。

 

「俺たち滋賀県で生まれて、滋賀県の幼馴染でバンドを組んで、滋賀県を恨んだ時もありました。でも違うんだよ。ここだからこそ、俺は音楽に集中できたし、町で遊ぶよりも家でポエムを書くことが楽しかった(笑)。これがどういうことか、生まれの育ちは恵まれてるとか恵まれていないとか関係ない。難しい話じゃない。それぞれの孤独の中で自分の生き方を見つけよう。」

 

そんな言葉のあとに演奏されたのは「ALL ALONE」。歌詞のメッセージはもちろん、観客ひとりひとりの目を見ながら歌うTAKUYA∞の姿も印象的だ。

 

続く「Q.E.D」は、数々のアーティストに憧れた少年時代を振り返りつつも、次は自分たちが希望やうらやましさを与える番だという覚悟を示し、同時に「もともと自分たちも、観客側にいたんだ」と若い世代に伝えていく、彼ららしい熱や思いやりを持ったナンバー。

 

SE「零HERE」に続いたのは、リリース後のライブでは必ず演奏されている「IMPACT」。この曲は、オーディエンスによるシンガロングも大きな魅力となっているが、楽曲の中盤、TAKUYA∞はイヤーモニターを外し、会場の声を生で楽しんでいた。

 

「人生、取り返しのつくことと、取り返しのつかないことがあると思うけど、俺は、意外と取り合えしがつくことの方が多いと思っている」、「納得いくまでとことんやればいい。」「俺たちは今、後悔のない毎日を生きている」。「まだまだ輝いていけると思っている」

 

改めてUVERworldというバンドの姿勢と“生き方”を語ったあと、最後に演奏されたのは「7日目の決意」。

 

シリアスなテーマを持ちつつも、優しく包み込むこの曲のあたたかさに包まれ、“イナズマ史上・最高”を更新するステージを終了した。

uver01_S
SET LIST

SE「TYCOON」
「7th Trigger」
「DECIDED」
「WE ARE GO」
「PRAYING RUN」
「ALL ALONE」
「Q.E.D」
「零HERE」
「IMPACT」
「7日目の決意」

戻る