送迎車を含むお車でのご来場は固くお断りいたします!
公道での駐車違反は見つけ次第警察に通報します。

ブログ

【雷神ステージ】MAN WITH A MISSION

2017.09.15 (金)

悪天候のため、中止となってしまった「イナズマロック フェス 2016」に決着をつけるべく、あの日、出演し演奏を行う予定だった3組で集結し、実現した「イナズマロック フェス 2016 リターンズ」。最初のアーティスト・MAN WITH A MISSION。

mwam01_S

頭はオオカミ、身体は人間という外見を持ち、“究極の生命体”とも言われる彼らだが、見た目のインパクト以上にこの“LIVE再開の瞬間”を待ち望んできたすべてのオーディエンスアツい歓声によって、早くも会場全体の熱が上がる。

 

1曲目は「Emotions」。彼らのサウンドの重要な要素となっているDJ Santa Monicaのスクラッチが印象的なナンバー。ハンドクラップも自然発生的に加わり、一体感を生んでいく。

 

続く「Get Off Of My Way」は、ギターとベースが効果的に絡むリフも秀逸。そこから目まぐるしく展開し、「Get Off Of My Way」と繰り返し歌うコーラスパートへ繋がる構成は彼らの持ち味の一つと言える。中盤には、ラップや日本語詞で歌う部分もあり、MWAMの魅力が凝縮された楽曲だ。

 

その語はMCでJean-Ken Johnnyが語りかける。

 

「昨年出ルハズダッタ3組ノアーティスガソロイマシタ!昨年、我々ガシタコトト言エバ、打チ上ゲデイロンナバンドニ「スゲェヨカッタ」ト伝エタダケ。デモ今年ハ違イマス!ミナサマノマエデ、思ウ存分、ハッチャケニキマシタ!カカッテキナサイ!」

 

そんな煽りに続き披露されたのは「database」。Tokyo TanakaとJean-Ken Johnnyのスリリングな掛け合いボーカルも魅力。「Seven Deadly Sins」は、ヒネリの効いたアレンジで魅せつつ、メロディアスな一面を打ち出したナンバー。曲中には客席に巨大なバルーンが登場。音楽以外の部分でも楽しませることを忘れない。複雑に絡むドラムンベース風サウンドの上に乗る硬質なボーカルが心地よい楽曲「Dog Days」のあとには、再びJean-Ken Johnny がMC。

 

「楽シンデマスカ?人間ノ野郎ドモ!昨年、途中デ西川ノ兄サンガ「中止シマス」ト伝エタ時ノ表情、悔シサヲ今デモ覚エテイマス。本当にメチャメチャアツイヒトナンデスヨ。チイサイヒトデスケド…。」

 

しっかり笑いを交えつつ、心のこもったメッセージを伝えていく。

mwam02_S

親しみやすいメロディが耳に残る「Dead End in Tokyo」から立て続けに「Raise Your Flag」へ。「アナナタチノ声ヲ聴カセテクダサイ!」という煽り、コール&レスポンスが随所に用意された強烈なアッパーチューンだ。

 

ラストは、彼らの代表曲とも言える鉄板曲「FLY AGAIN」。この曲での両手を使った振りのキャッチ―さは抜群で、会場も最高潮の盛り上がりに!サウンドと視覚、両面での刺激を最後まで叩きつけ、正真正銘のLIVE BANDであることを証明した。

mwam03_S

●SET LIST●
「Emotions」
「Get Off Of My Way」
「database」
「Seven Deadly Sins」
「Dog Days」
「Dead End in Tokyo」
「Raise Your Flag」
「FLY AGAIN」

戻る